皆様こんにちは、マグネットシート工房のブログです。
今回は、小さなサイズのホワイトボードの活用の事例を紹介します。


小さなホワイトボードを使って


ホワイトボードにも様々なサイズのものがありますが、小さなパーソナルサイズのものが何かと役に立ちます。普段ちょっとした打ち合わせを行う時に、つい話が逸れてしまうことは多々あるものです。
そんな時に小さなパーソナルサイズのホワイトボードを用意しておくと便利です。


話をしながら要点を書き出しておくことにより、無駄に話が逸れることが無くなります。


また、そこに書かれたものに目を向けることで、話をしていた時には気づかなかったことにも気づくことができます。あるいは解釈の違いにより話が噛み合わないような時、お互いにホワイトボードを読み返すことによって確認し合うことができるようになります。


このように打ち合わせの議事録代わりに使用することで、無駄な時間を減らすと共にさらに深く掘り下げた考えに発展させることもできるようになります。


また、このパーソナルサイズのホワイトボードは個人でも仕事中に色々と活用できます。
アイデア出しをする際にも、マインドマップを書くことにも活用できます。
紙に書くよりも簡単に消せるので、頭に浮かんだことをよりスピーディに反映させることができます。


また、机の上に置いておけばちょっと席を外す時の書き置きにも使えますし、伝言なども書いてもらえるようになります。


店長から一言


うわあ!紺屋の白袴!ホワイトボードを販売している弊社が今迄全く気が付きませんでした。
早速社内で実践したい活用事例です。
埋もれていたグッドアイデアが一気に湧き出してくるような気がします。脱帽です。

wb-cho2a.jpg

ホワイトボードのことはホワイトボードプラザにご相談ください!



皆様こんにちは、マグネットシート工房のブログです。
今回は、フリー仕事をしている方の使い方事例を紹介します。

ホワイトボードで進捗状況を明確に


フリーとして仕事をしていると、どの仕事をどの順序でこなすかという事は自分の裁量で決めることができます。しかし、並行して多くの作業をしていることが多いので、きちんと管理していないとトラブルのもとになってしまうこともあります。


やるべきことを目に見える形にして、どれくらい進んだのかをチェックすることは必須です。

 

オリジナルの記号やマークを使って


そこでホワイトボードを利用します。やるべき仕事をできるだけ細分化して記載していきます。
慣れてくれば自分なりの記号やマークなどでもよいです。


案件別に色を変えるなど工夫して記入していくとよりわかりやすくなります。
そうして書き出した項目の仕事を終えたらその都度線を引いて消していきます。

そうするとどの程度の仕事が終わったのかが目に見える形になるため、仕事のペース配分なども簡単になります。いつでも目に入るホワイトボードなら常に確認することができるので、仕事の漏れも少なくなりお勧めです。

 

メモよりも一目分かるホワイトボード


メモなどに書いてもよいですが、小さなメモはなくしてしまいがちであったり、いつも目に入るものではないので、大き目のホワイトボードが良いでしょう。また、仕事は後から増えることもあるので簡単に書き直しができるという意味からもホワイトボードが向いています。

 

店長から一言


頭の中を整理してそれをホワイトボードにまとめられているんですね。
なるほどと感心させられます。

弊社ではお客様のオリジナルボード(カスタマー仕様ボード)の製作が得意です。

ホワイトボードに罫線を入れたり、ご自分で管理しやすいように枠組みを作ったりできます。
よく使われる記号やマークはマグネットシートに印刷して貼られると便利かと思います。
オリジナルマグネットシートも製作できますので是非お問い合わせ下さい。

→ホワイトボードのことならホワイトボードプラザ

 

皆様こんにちは、マグネットシート工房のブログです。
今回は、会社でのホワイトボードの使い方事例を紹介します。


外出が多い会社のホワイトボード使い方事例


私のセクションは、営業が中心で、20人の課員のほとんどが朝から営業に出かけてしまいます。
帰りも直帰も多く、誰が何をしているのか、全体を知っている人はほとんどいません。
おそらく課長も把握し切れていない状態です。


それでも、そこそこの契約が取れているので、課長も文句はいいませんが、内勤組の社員は影で文句ばかり言っています。営業組は、仕事を終えるとパチンコやサウナに行っているといううわさまで流れていました。


もし、これが本当なら、会社の企業イメージは著しく損なわれるばかりか、会社自体が社会的信用を無くし、ダメージを受けてしまいます。個人のスマホのGPS機能を使って監視するという話も総務から出ましたが、組合の猛反対にあってつぶれてしまいました。


そこで、私からホワイトボードを設置して、社員一人一人の予定を書き込むことを提案してみました。
課長からも支持を受け、課員もしぶしぶながら了解しました。


仕組みは至って簡単で、その日の予定を半日ないし1日単位で、行き先を記入して、帰社の予定を書き込むだけです。これまでは、イントラネットのスケジュール表に各人が入力していましたが、なかなか普及せずに終わっていました。


導入最初は、大の大人が小学生の真似をするのかとか古臭くてやっていられないなど否定的意見が多かったのですが、1週間もすると慣れてきて、ホワイトボードに自然と目が行くようになりました。
ホワイトボードが課員の中心的存在となってきたのです。これには驚きました。


あいつはどこそこの予定かとか、あそこに行くのは1人ではしんどいから手助けしてやるかなど、組織の横の連携が芽生えてきたのです。


いつしか、ホワイトボードは、課で最も重要なリアルタイムの情報版となり、行き先だけでなく、知らせたいこと、伝言しておきたいことを掲示するメッセージボードになりました。デジタル化、IT化とは、逆行した動きでしたが、アナログで残すメッセージは、文字を通じて心境を読み取れるからだと思います。


今では、さぼりのうわさも立ち切れて、心をひとつにしています。
ホワイトボードの設置で、課の組織力を高めてくれました。


店長から一言


ホワイトボードを販売している弊社にはうれしいの一言です。
お役に立っているんですね。さらにお役に立てるようおすすめの一品をご紹介します。
「両面マグネットシート」です。

表と裏で色を変えて一目で表示、認識ができます。
たとえば外出中の方は赤色、社内にいる方は白色とか。工夫次第でとても便利に使えますよ。


ホワイトボードのことならホワイトボードプラザにご相談ください!



今回は、写真管理にホワイトボードを使っている体験談です。

ホワイトボードを写真の管理に使っています。


机の前にお店で購入したホワイトボードをかけて使っています。
メモを貼り付けるのはもちろんですが、卓上カレンダーをバラバラにして2ヶ月分だけ貼って机の上をすっきりと使えるように工夫しています。


仕事、作業の効率をよくするために置いたのですが、それだけでは味気なく感じます。
仕事部屋といえでも癒しは必要です。



写真やメッセージカードなど飾りたいものもホワイトボードにきれいにレイアウトして飾ります。
そのままだと汚れたり、よれたりと劣化しますので、100円ショップにある透明の袋を使っています。


商品名はクリアポケット(テープ付)サイズはA6。これが一番おすすめです。
貼りなおしできるテープ付のため再利用もできます。
ふたをとじれば中身も出ませんし、きれいなままです。

クリアフィルム素材なのでそのままコピーもできると商品説明にあったので迷わず購入でした。
写真だけでなく、仕事用の大事な書類、名刺の類も入れて保管するのにもかなり重宝です。
目の前にホワイトボードがあることでいつでも目につくし見やすいのが利点です。

ファイルなどを使いますときれいに収納はできますが、どうしても忘れたり整理に時間がとられますし、何より探すのが手間です。ホワイトボードを何枚か壁にかけて、仕事用、飾り用、とりあえず用と分けて使っています。


店長から一言


丁寧に管理されているのが手に取るようにわかります。
こんな人は仕事もできるんでしょうね。
クリアポケットに「マグネットシール」を貼られているのでしょうか?

裏がシールになっているマグネットシートで、フィルムや紙に貼ればスチール面にくっつきます。
0.8ミリ厚から2.0ミリ厚まであるので、少し重いものでもくっつきますよ。


ホワイトボードのことならホワイトボードプラザにお任せください!



 

今回より、マグネットシート工房のブログでホワイトボードやマグネットシートのユーザーからの体験談をご紹介していきます。


皆様も是非、参考にして下さい。

 

ホワイトボードは、説明をわかりやすくする補助ツール


仕事をしていると、誰かに何かを説明する機会が多くなるものです。

 

言葉だけでの説明が伝わりにくいと感じた時には、ホワイトボードに、図を描いて説明してみるといった具合に工夫をしていくことが有効です。

 

言葉で説明を聞きながら、視覚からも情報を伝えることができ、わかりやすくなるためです。


最近はパソコンやタブレット端末を利用して画像や動画を表示させて説明している方も多いですが、ちょっとした説明でそういった端末の準備をするほどでないこともあります。

 

そのようなときはハンディタイプのホワイトボードが便利です。

 

アナログの強さ

 

液晶ディスプレイなどは年配の方には見づらいこともあります。最新技術を使う方が良いと思いがちですが、人に伝えるという場面においてはアナログな方法のほうが伝わりやすいという事も多いものです。

 

説明の機会が多く、書くことが多いのであれば事前にマグネットシートなどでパーツを作っておき、それを配置しながら説明することもできます。移動もはがして貼るだけなので簡単です。

 

お子さんへの説明なども、こうした貼ったりはがしたりという作業を入れながら行うと興味を持って聞いてもらいやすくなります。

 

このようにホワイトボードとマグネットシートを組み合わせて使うことで、仕事での説明はより快適になります。

 

店長から一言

 

数年前に発売した「壁に直接貼れるホワイトボードシート」の売り上げが年々増えて来ています。上からマグネットシートが貼れるという便利なものもあります。

 

あちらこちらの壁にホワイトボードシートが貼ってあれば打ち合わせや説明も楽ですよ。

 

ホワイトボードのことならホワイトボードプラザ

 

マグネットシールの勘違い

 

マグネットシールとは、黒いマグネットシートにのりや両面テープがついているマグネットシートの事です。

 

マグネットシートの裏面にシール加工をした物の事を指します。

 

このマグネットシールをプラスチックなどにくっつけると、プラスチックが鉄にくっつくようになるので、様々な用途で使われます。

 

マグネットステッカー(印刷されたマグネットシート)のことをマグネットシールと呼ぶ方もいらっしゃいます。

 

これは、通常のマグネットステッカー自体が、シールの様に鉄にくっつくためだと思います。

 

 

又、マグネットシートの上にシールを貼る加工方法で製作している会社があるためマグネットステッカーの事をマグネットシールと呼んでいる方もおられます。

 

このように呼称は様々ですが印刷されたマグネットシートをお探しの方は、商品名にこだわらずお問い合わせいただければ、ご利用用途に合わせた提案をさせて頂きます。

 

マグネットシールは、どんな所で使われるのか?

 

それでは、マグネットシールはどんな所で使われているのでしょうか?

 

一番よく見かけるのはホワイトボードのマーカー入れです。

 

ホワイトボード用マーカーや、黒板消しを入れるプラスチックの箱。

 

あれの裏にはマグネットシールが貼ってあります。

 

その他にもちょっとした小物を入れたりする容器やプラスチックの名札、ポップ看板などの裏面にマグネットシールを貼って、スチールのドアやロッカー、ホワイトボードにくっつけることができます。

 

 

マグネットシールは、糊付きマグネットとか両面テープ付きマグネットと言う方が分かりやすいかもしれませんね。

 

マグネットステッカー(印刷されたマグネットシート)はどのように出来ているの?

 

マグネットシートの印刷には種類がいくつかあります。

 

冷蔵庫に貼る名刺サイズ程度のマグネットステッカーで大量に配布される時はオフセット印刷が最適です。

 

これはフルカラーのオフセット印刷をした用紙に、汚れがつきにくい様表面に透明のフィルムをラミネートした物をマグネットシートに貼り合わせてご希望のサイズに型で抜く製作方法です。

 

 

又、車やスチールドアに貼る比較的大きなサイズで、枚数もそれほど多くない場合はインクジェット印刷がリーズナブルな方法です。

 

これはマグネットシートとインクジェット印刷をしたフィルムを貼り合わせ、さらにその上から使用場所や用途に応じて、屋外用透明フィルム、室内用透明フィルム、ホワイトボード用フィルムなどを貼り合わせて仕上げます。

 

印刷はカラフルなフルカラー印刷が可能です。

 

その他によく利用される印刷方法としてはシルク印刷があります。これは印刷色が1色とか2色とか比較的少ない色数の場合に適していますが、シルク製版という版を作らなければいけないので、そこそこの数量がないと版代が負担になり割高になってしまいます。

 

このようにマグネットステッカーの製作には色々種類があります。どの製法が良いのかは、仕様、用途などの内容をお聞きしてご提案をさせて頂いています。

 

印刷無しのカラーマグネットシートから外で使う車用、安否確認用、販促用、オリジナル、運動会の掲示板用、強力マグネットシート、スクリーンタイプいたるまで弊社では、様々なタイプのマグネットシートをご用意致しております。

 

マグネットシートのことなら大洋株式会社にお任せください。


それは、強力マグネットシートですか?

 「一般のお客様から強力マグネットシートを下さい。」とご注文を頂いた際、実際は普通で少し厚みのあるマグネットシートの事がほとんどです。

 

価格が安い中国産などは、0.4mm〜0.5mm程度です。

通常のマグネットシートでこの薄さなら、少し剥がれやすいかもしれません。私たちが取り扱うマグネットシートは、0.6mm〜0.8mm程度のものになります。

 

0.8mmになるとほとんどのお客様が満足出来るマグネットシートになります。また、この厚みに0.2mm程度の印刷とフィルムを貼るため、実際は1mm程度になります。

 

 

本当の強力マグネットシートは?

 

業界的に強力マグネットシートと言えば、異方性のマグネットシートです。

 

こちらは、一般的なマグネットが等方性というものなので、少し種類が違います。

 

こちらは、ある程度のサイズになると力を入れないと剥がせないぐらいに吸着力が大変強いものです。

 

厚みも0.8mmから2mm程度までは、すぐに用意出来ます。もちろん、2mm以上をご希望の際は、ご相談頂ければ対応は致します。

 

異方性の強力マグネットシートは、工業用などに使うと思って頂ければ分かりやすいのではと思います。

普通のマグネットシートで強力なものは?

弊社で取り扱いしているマグネットシートは、吸着力が弱い等の問題は、ほとんどの種類で問題ありませんが、それでも心配な場合は、強力なものが欲しいと一言そえて下さい。

 

 

使用用途などをお聞きして、最適な厚さのマグネットシートをご用意いたします。

 

 

以前は、鉄粉の量が不均等などの粗悪品も海外製品を中心に多かったですが、今の吸着力不足は、コストカットによる厚み不足が大方の原因と私は思います。

 

特に販促物等で何十万枚も生産する際は、0.1mmの違いで材料費が大きく変わります。

 

しっかりと厚みをチェックした上での発注と検品を行って下さい。印刷、フィルムは約0.2mmなのでその厚みを抜いて何mmかを調べてみましょう。

 

通常の薄いマグネットシートになると0.3mm程度のものもあります。

 

こちらは、冷蔵庫やホワイトボードに貼ってもすぐにペラッと剥がれてきます

 

0.4mm2mmが一般的ですが、ある程度の吸着力を考えるなら、最低でも0.6mm0.8mmは欲しい所です。

 

 

マグネットシートのことなら些細な事でも結構です。どうぞ、お気軽にご相談ください。

 

 

 

こんにちは

近所の小学校では、インフルエンザで学級閉鎖があったらしく

この時期、流行っているようです。

みなさまも風邪予防対策カゼ外から帰ったらまず、手洗い・うがいにしっかりとしましょう!!

さて本日は、弊社の

  ・マグネットシートの印刷・加工なら「マグネットシート工房」と

  ・ホワイトボード、ホワイトボードシートの通販は「ホワイトボードプラザ


マグネットシートとホワイトボードの総合店の【大洋株式会社】


 

net_shop.gif

続々と商品をUPしておりますアップ


それぞれのホームページのページからも ネットショップページからも


購入可能です音譜是非、ご利用下さい。

昭和36年からマグネットシートを中心に全国の学校や企業様、店舗様むけにお仕事をさせて頂いています。マグネットシートのことならどんなことでもご相談ください。

 

 

 

こんにちは合格昨日と今日と強風が吹いている関西ですショック!

みなさまの地域は如何ですか?


本日は、ネットショップ「大洋株式会社」 にも載っているスージック8

の色味についてご説明します。

どんな商品でもそうかもしれませんが、色味の違いは、分かりにくいものです。

マグネットシート工房のホームページでのイラストで微妙な色がお伝えしにくい部分もあるので


実物の色の差を写真カメラでお伝えします。

number.jpg

左)チャコールグレー  右)クロ


如何でしょうか?真横に並べて、比べてみると色の差がわかると思います。

スージックを発注する際に色を深く意識されない担当の方もいらっしゃるかもしれませんが、スージックの場合、現在ご仕様のものと色が違うと微妙な違和感があるかもしれません。もちらん、長年お使いの場合、紫外線や汚れ等で色が変わるのはやむ得ない事かもしれません。だだからこそ、チャコールグレーが良いか、黒が良いのかをしっかりとお選び頂ければと思います。

マグネットシート工房をよろしくお願いします。

新年明けましておめでとうございます2012 

本日より通常営業致しております。今年もよろしくお願い致しますおじぎ


皆さま、どんなお正月を迎えられましたかはてなマーク

私は、実家に年末から2日まで上げ膳据え膳の生活をしていた為か身体がなまり、新年から風邪をひいいてしまいました。

いつもと違う生活を送りリズムを崩したようですカゼ

皆さまも風邪などひかないようご自愛下さい。



今日は、先日 マグネットシート工房 http://www.magnetsheet.net/


で、新発売した【引き出し仕切りマグネットプレート】の紹介です。

スチール机の引き出し仕切り

magnetplate00.jpg

プレートの底にマグネットシートが付いているので引き出しの中をすっきりと整理できます音譜

マグネットがついていない場合は、仕切り自体が引き出しを動かすたびに動いてしまう方も多いと思います。整理整頓するには、仕切りのうらにマグネットシールを貼っていただいてもよし、マグネットシートがついている仕切りを買って頂いてもよしです。 

 

サイズは、M(高さ60mm×幅27mm×長さ150mm)1個245円(税込)

       S(高さ25mm×幅27mm×長さ150mm)1個210円(税込) です。

magnetplate01.jpg magnetplate02.jpg
  

ネットショップ
大洋株式会社 でも購入可能です。

  ↓↓↓
http://white-magnet.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1165715&csid=0